かんじん要

「かんじん要」という言葉はご存知ですよね?

一応意味はこちらになります

「特に大切であること・さま」

デジタル大辞泉より

そして「かんじん」の漢字ですが、「肝心」と「肝腎」があります。どちらも使われているようですが、西洋医学でも東洋医学でも肝、心、腎はどれも非常に大切な臓器です。

しかし!「肝心」・「肝腎」どちらにせよ「肝」が入っているということは、昔から「肝」はとても重要視されていたと考えられますね。

ですので皆さんも薬の過剰摂取やお酒の飲み過ぎ、そして何より「ストレス」を溜め込まないように「肝」を大切にしてくださいね!

肝臓の数値とストレス

皆さん、一度は血液検査を受けたことがあると思います。 その中の「AST」と「ALT」という項目を見たことがありませんか?

お酒好きな方は健康診断の時に、この項目を示されながら、
「ちょっと肝臓の数値が悪いので、お酒は少し控えましょうね」
なんて言われたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この「AST」と「ALT」は肝臓の細胞に含まれている酵素(生きる上で大切な体内の化学反応を起こすために必要な火付け役みたいなもの)です。 

肝臓に何らかの問題が生じると肝臓の細胞が壊れ、この酵素が血液中に漏れだしてしまいます。 ですので、「AST」と「ALT」の数値が正常範囲を越えて検出されると、肝臓に問題があることがわかるわけです。

3年ほど前の経験談になるのですが、こじらせた風邪がとにかく治らない!

普段は2、3日しっかり食べて寝れば治るのですが、1週間経っても治る気配がなく、緑の痰が出始め、しかも食べ物の味がほとんどしなくなった(今だったら隔離ですね・・・)ところでかかりつけの病院へ。

この病院が鍼灸院のすぐ近くにある病院で、鍼灸にとても理解のある先生がいらっしゃるのです。

診察の結果、感染症の疑いが強かったため血液検査をしてもらいました。

異常な数値を示したのが「ALT」と「AST」で、通常範囲を超えていました。

真っ先に疑われたのはウィルス性の肝炎です。
A~E型と種類がありますが、怪しかったのが食べ物から感染するA型もしくはE型です。
A型なら生ガキ、E型なら獣肉(イノシシなど)から感染しますが、そもそも生ガキが苦手ですし、狩りには出ていないのでこれはありえません。

結局肝炎の可能性も消え、最終的に先生から言われたのが・・・

「ストレスだね」

えええ!?ストレスで血液の数値に異常として出るんですか?

はい、出るそうです。

「ストレス」と「肝」を結びつけて考えるのは東洋医学だけだと思っていたのですが・・・

まさか目で見て肝機能の数値が異常として見れるとは!
もちろん、すべてのお医者さんが数値の異常を見てストレスと言うとは限らないと思います。
でもこのようなお医者さんがいて、しかも自分の鍼灸院のすぐ近くにいらっしゃるのがなんだかとても心強くて嬉しかったです。

さて、ここで中医学的にこの時の自分の症状について検証してみましょう。

主な症状として、ひどい時は緑色でだんだん黄色くなってきた痰と止まらない咳でした。(食べ物の味が分からなかったのは一度だけだったのでスルーします)

ストレスによって「肝(東洋医学では肝臓とは言わないのです)」の仕事が狂わされ、今回は特に「気」と「水」の流れが滞り、不要な水が肺に溜まります。肝はなんとかその滞りを解消しようと頑張った結果、空回りし、オーバーヒート状態となり熱を帯びた状態となります。熱は上に昇りますので、肝の上に位置する肺が蒸し焼き状態となり、肺の機能が熱によって狂わされ、呼吸に問題=咳がひどくなります。また、熱によって肺に溜まった痰が色味を帯び、咳によって色のついた痰が排出された・・・と考えられます。

いかがでしょうか?西洋医学的には感染症による症状が長引いてしまっただけですが、中医学的に考えると、なぜ色味のついた痰が出たり咳が止まらなくなったのか、そして肝機能の異常として現れたのか?がなんとなく説明できてしまいました。これが中医学の面白いところかなと思っております。

と、ここまで説明しておいて、いまだに自分ではストレスを感じていないと思っているんですけどね・・・

疲労回復に、吸い玉(カッピング)療法!

東洋医学の治療法の1つに吸い玉(カッピング)療法というのがあります。

エステでやっているところも多いので、ご存知のかたも多いかもしれません。

吸い玉(カッピング)療法は、身体にガラスやプラスチック製のカップをつけて中の空気を抜き、真空状態にすることで身体の中の老廃物を引き出して流す治療法です。身体の内部にアプローチするので自律神経や内臓にも効果的です。また、東洋医学的で瘀血と言われる血流が悪くなっているところを改善するので、術後は身体が軽くなりますよ♪

吸い玉(カッピング)療法の効果は、頑固なコリ 冷え症 血流改善 自律神経の調節 むくみ改善 痩身効果 美肌効果 などなど 特に女性には嬉しい効果がたくさんですね(o^^o)

患者様の症状によって 吸い玉(カッピング)療法ができない場合もございます。ご予約の際にご相談下さい。

当治療院は、患者様一人ひとりに合わせたオーダメイドな治療を行います。お身体でお悩みのことがありましたら 是非ご相談下さい。

ストレスと腰痛の関係 その4

今回はストレスと腰痛の関係のお話のまとめです。

腰痛を東洋医学的視点から考えたとき、ストレスが原因となる腰痛があり、特に「怒り」の感情が「肝」の仕事を狂わせ、体を流れる3つの物質「気」、「血」、「水」が滞り、それぞれ特徴のあるタイプに分けられるのでした。

前回のブログでご自分のタイプは確認していただけましたか?

せっかくですので簡単な解消法をご紹介します。

まずは運動。体を動かすのは大切です。激しい運動ではなく、ウォーキングやストレッチなど簡単にできる運動を日課にしてみてはいかがでしょう?

体を動かすと、「気」が巡りだし、「気」が動けばそれにより「血」や「水」も動くので様々な滞りが解消します。

あとはストレスを溜め込まないこと。溜め込むならお金にしましょう(笑)。

ご自分でストレス発散法がある方は問題ないですが、特に思い当たる発散法がない方は、滞っているものを吐き出すという意味で、一人カラオケ(感染防止の意味も込めて)や、お風呂で大きな声を出すことにより「気」が巡り、滞りが少しは解消すると思います。

いかがでしたか?ちなみにストレスは腰痛だけでなく、その他の部位の痛みにもこのメカニズムで説明できることが結構あります。

原因がわからない体の痛みのある方は一度東洋医学的な見方で見てみてはいかがでしょうか?

ストレスと腰痛の関係 その3

前回は「肝」の仕事がストレス(特に怒りの感情)によって狂わされ、気(エネルギー)、血(血液)、水の流れが悪くなってしまうのが原因というお話でした。

今回はこれら3つが滞った場合の特徴をお話します。

1、「気(エネルギー)」が滞る→張ったような痛み、動かした方が楽
2、「血(血液)」が滞る→刺すような(チクチクした)痛み、夜痛い
3、「水」が滞る→重だるい痛み、雨の日に悪化する

いかがですか?自分の腰痛のタイプに当てはまるものはありましたか?

1はあてはまるし3もあるなあ・・・というそこのあなた!

その場合は「気」だけではなく「水」も滞っていると考えられます。

このように、滞るのは1つだけでなく、2つも3つも滞ることもあります。

次回は完結編です。

ストレスと腰痛の関係 その2

前回、腰痛は原因がわからないことが多いけれど、東洋医学的に考えるといくつかの種類に分けられますよ!というお話しでした。

今回は東洋医学的メカニズムについて簡単にお話しします。

ストレスが影響しやすいのは「肝」という臓腑(西洋医学の内臓)です。
(ですので西洋医学の肝臓とは違います!)

この「肝」は、体の気(エネルギー)や血(血液)、水を体の隅々まで行きわたるように調節する仕事をしています。

ところがストレス、特に「怒り」の感情が芽生えると、「肝」が仕事を満足にできなくなってしまいます。

結果、気(エネルギー)や血(血液)、水という体の隅々まで行きわたらなければならないものの流れが「滞る」ことになります。

この「滞る」ことこそが体の様々な症状の原因なのですが・・・

引っ張りますが今回はここまで!

ストレスと腰痛の関係 その1

いきなりですが・・・

「腰、痛い方!」

「はい!」→私が元気よく手を挙げます(笑)

鍼灸院の来院目的の第1位と言っても過言ではない症状の「腰痛」。今このブログを読んでいただいている方の中にも腰をさすりながら読んでいる方、いらっしゃいませんか?

実は腰痛の中でも、原因がハッキリ分かるもの(ヘルニアなど)は全腰痛のわずか15%ほどしかないと言われています。

そんな原因不明の腰痛も、東洋医学の考え方からすると原因がいくつかに分けることができます。

その中の一つが「ストレス」です。

次回はそのメカニズムをできるだけわかりやすく書いていきます。

ストレスのツボ

最近、ストレス感じてますか?よく私が問診で聞く質問です。

「普段から自分は怒りっぽくて」・・・と話してくれる方はもちろんいらっしゃいます。

そして、「全然感じてないですよ」という方もいらっしゃいます。

ストレスは様々な病気の大元というのは皆さんもご存知だと思います。

鍼灸の世界もこのストレスは体の不調の原因として非常に重要な項目と考えています。

東洋医学ではストレスが体に影響すると、体を流れるエネルギーや血液、水の流れが滞ると考えます。

そしてエネルギーや血液、水が滞ることによって様々な症状が体に現れます。

例えば・・・

・体が張った感じがする

・ゲップやおならが溜まりやすい

・むくみ

などです。

そしてこのストレスが体に影響していると、あるツボに痛みが出やすいのです。

それが・・・

太衝

という写真の人差し指で示している場所です。

冒頭での問診で、普段から自分は怒りっぽくて・・・と話してくれる方の太衝を押すと、ほとんどの方が痛がります。

そして、全然感じてないですよ!と言う方も結構痛がることが多いです。(ということは、知らず知らずのうちにストレスが溜まっているのかも?)

訴えている症状にもよりますが、この太衝を痛がる方にはここに鍼をすることにより、滞りを解消できます。

現代のストレス社会でこの私がもっとも多用するツボ、それがこの太衝です。
まあ何を隠そう、私もこの太衝を押すとめちゃくちゃ痛いんですけどね(笑)

皆さんもこの太衝を押してみて痛みがあったら、勇気を出して鍼を打たれにきませんか?

新年のご挨拶と1月の営業案内

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

皆さんはステイホーム中でしょうか?何も気にせず外出できる日はまだまだ先になりそうですが、今は各自がマスクの携行や手洗いなどを徹底していくしかなさそうですね。そして免疫力向上のために、これからは積極的に鍼灸治療を受けていただきたいです。

<営業案内>
営業開始:5日火曜日
店休日:日曜、祝日

<営業時間>
月:10:00~19:00(午前中、院長診療受付)
火:10:00~19:00(午前中、院長・副院長診療受付)
水:10:00~21:00(夜、院長・副院長診療受付)
木:10:00~21:00(夜、院長・副院長診療受付)
金:10:00~21:00(夜、院長・副院長診療受付)
土:10:00~17:00

※終了時間は最終受付時間となります。

※ホームページの予約システムからのご予約は新規の方のみとなります。再診の方はLINEやメール、お電話にてご予約ください。

ゆく年くる年

今年もあと残すところ1時間を切りました。2020年は私たちの生活様式が大きく変わった一年でしたね。

2021年はこの状況が少しでも落ち着いて、医療従事者の皆様の負担が減るように願っております。

池袋ひりゅう鍼灸院は2021年も、しっかり感染症対策をして、皆様の健康の手助けをしていきたいと思っております。

それではよいお年を!2021年もよろしくお願いいたします。